ひまわり証券・日経225先物

ひまわり証券の日経225mini

日経225先物・オプション取引をはじめ、日経300先物、TOPIX先物、国債先物取引に対応。
デリバティブ取引を扱っているオンライン証券の中では最多のラインナップ。
リスク管理に必要な逆指値(ストップ)注文などを利用すれば投資の幅が広がります。
225先物取引を
始めよう

現在、個人取引の方々から日経225先物取引や、
オプション取引が注目を浴びています!
取り扱い商品
日経225先物(大阪証券取引所)
TOPIX先物(東京証券取引所)
日経300先物(大阪証券取引所)
国債先物(東京証券取引所)
日経225オプション(大阪証券取引所
日経225先物取引!株投資との違いは?
日経225先物取引の手数料は1枚あたり1890円(税込)
日計り決済にかかる手数料は無料
日経225先物ならデイトレ手数料の上限は52,500円。
225らくらくトレードパス
「225らくらくトレードパス」の対象はオンライン取引による日経225先物のデイトレードのみとなります。前日の建玉の決済分、及び翌日に持ち越す建玉については適用されません。上記のトレードで52,500円(税込)を超えた手数料につきまして、翌営業日にお客様の口座へキャッシュバックいたします。
いまさら聞けない。日経225先物取引のルールって?
逆指値(ストップ)注文が可能
逆指値(ストップ)注文とは、“指定した価格よりも高くなれば買い”、“指定した価格よりも安くなれば売り”、とする注文方法です。通常の指値注文とは逆の注文方法であることから“逆指値(ストップ)”と呼ばれています。逆指値(ストップ)注文を活用することで、損失の拡大を防ぐ(ロスカット)注文や、利益確定の注文(トレイリング・ストップ)、相場の勢いに乗って利益を伸ばすトレンドフォローに用いるなど、リスク管理から利益追求まで多様にご利用することができます
リアルプライスからのスピ―ディ―な発注が可能
売りたい、買いたい価格(気配値)をクリックし、枚数をセットするだけで、あとは注文ボタンをクリックすることで発注されます。リアルプライスでの価格を見ながら最小限の入力で注文ができますので、売買の判断をしてから発注までの時間が短縮されます。
日経225先物取引!始める前にまずは
貴方の疑問にお答えします!



買いからだけでなく、売りからでも取引が可能
株価指数先物取引は買いからだけでなく、売りからでもお取引が可能。相場の上昇局面だけでなく、下降局面でも収益チャンスが狙えます
日経225先物取引ならひまわり証券。
まずはお気軽に資料請求から。
約定通知はリアルタイム配信!
注文が約定した場合やストップ注文が執行された場合の通知を電子メールでリアルタイムにお知らせする機能を搭載。日中、お仕事などで外出が多く、なかなか相場を見ていられない方にとって、非常に便利な機能です。また、パソコンのみならず携帯への通知も可能ですので、約定後、即座にHitsモバイル版で対応が可能となっております。
株券も証拠金に代用が可能
先物取引の証拠金に現金のみならず株式もご利用できます。これら代用有価証券の評価額は前日終値を基準として換算されます。
日経225先物、オプション取引ならひまわり証券。
投資情報も充実。
証拠金はSPAN証拠金×140%
証拠金はSPAN証拠金を採用。従来よりも少ないご資金で効率的な運用が可能になりました。また、最低預託金額は設けておりませんので、1枚あたりの必要証拠金で取引が可能です。
■株価指数先物取引(大証)
SPANパラメーター適用期間 : 3月7日〜4月6日まで適用

日経225先物 658,000円
・日経300先物 128,800円
PCだけでなくモバイルや電話でも取引可能
先物取引がPCだけでなくモバイル(i-mode、EZweb、Vodafone live!)や電話(コールセンター)でも取引が可能。外出先でも取引が可能です。
ひまわり証券の日経225