第2回炭焼き  99.12.12  伏せ焼きに挑戦


まず、1メートル×2メートル深さ30センチの穴を掘る          そこに炭材をきちんと並べる

上に枯れ葉を敷き詰めトタンをかぶせ                  トタンの上に土をかぶせる

10時着火                                 煙に巻かれながら扇風機を回す・・・今津さん

どうやら着火・・・しかしまだ焚き口から煙が逆噴射・・・(;_;)      2時間後・・・扇風機をはずしても順調に煙突から煙


12時しゅんさんが子供連れで来訪                  焚き口の拡張をしゅんさんが手伝い

しゆんさんが持ってきてくれた竹炭用材料の孟宗竹         午後3時・・・着火から5時間・・・まだ白い煙

6時すぎてもまだ煙は白いまま                      8時過ぎ・・・やっと青い煙に・・・・


8時半・・・着火から10時間半後・・・やっと焚き口閉鎖        8時45分・・・煙突も閉鎖・・・やっと今日の作業終了
                                         着火から11時間弱・・・・(;_;)・・・あ〜〜・・・疲れた・・・

-----------------------

以下翌日

さて・・・・翌日(12/13)釜開き開始・・                トタンをめくって・・・・できているかな・・・?!?!
まず、かぶせた土を取り除きます

どうやら・・・炭になっているようです・・・!!           真剣な表情でのぞき込む今津さん


炭と言っても・・・まだ火が残っています(赤いのは火)       スコップにほりあげて得意顔の私・・・・


とりあえず炭を缶に詰め込んで砂をかけることにしました

生焼けのもの・・・・これらはもう一度焼き直ししました       今日の成果・・・・下のトタンは畳一枚と同じ大きさです
                                       

一級品だけ選別しました・・・・どうです・・!!・・・立派なものでしょう・・・・(^o^)

津福サロン案内へ戻る

第一回目テスト炭焼きへ



島井 新一郎のデジカメレポート案内(検索)へ