高良山データ2   2000.7.23撮影

案内いただいたのは竹間宮司さん、熊懐権禰宜さん・・・・撮影担当 久富さん、島井 です





朝の大鳥居 1654建造の国指定重要文化財

社務所展望台より久留米市街を望む

うねる高速道路

高良山山内図 宝物館内に展示 昔の府中(大鳥居の付近の
庶民生活が描かれている。御井町町内会で作られた「御井町誌(小林さん所蔵)」に庶民生活の様子が詳しく書かれている。
おって紹介します。

福岡県指定文化財「絹著色高良大社縁起」部分

往古絵縁起

高良山山内図内の座主の一行の行列(前から二番目の黒衣装のひとが座主)

重要文化財「平家物語 覚一本」

高良明神御真影

史蹟「毘沙門城跡」の表示石材を宮司と抱えて補修の肉体労働
30Kgほどの石が壊れて道端に転がっていたのを復元・・・(^o^)

昔の山城「毘沙門城址」

お城の掘りの一部が残っています

高良大社奥の院  
久富さんと島井 です

奥の院縁起

奥の院前で竹間宮司、久富さん

奥の院は鬱蒼とした森の中にあり夏でも涼しく、冷たい湧き水が
出ている
高良山物語3へ
高良山物語1へ