組み立て終わった数百個
の燈篭

19時半ごった返す
会場

2015筑後川流し灯篭

回収作業と
会場撤収作業
で最後までがんばった
皆さん。

9時半ころには終わり
解散しました。

回収した燈篭を
廃品回収業者の
コンテナに移し変え
引き取ってもらいます。

岸からの回収では
軽トラ山盛り2台分

岸からと船からの
共同作業で回収

翌朝16日朝6時
川岸に流れ着いた
燈篭の回収作業
大堰のすぐ上に
大量に流れ着いて
いました

21時ころ
遠くの明かりは豆津橋
川面全面にゆらゆらと燈篭が
ゆれています。

今年は特にきれいでした。

19時大勢の来場者

19時梅林寺の僧侶
が祭壇で読経

18時半大勢の人が
燈篭流し始めます

戒名などの記入所も
準備完了

17時会場全景

出来上がった燈篭を
並べて来場者を待つ

16時SNKボランティア
の皆さんで灯篭組立作業開始

水天宮前の
流し燈篭会場
の案内

1時間程度でテント張り
など完了

15日早朝6時から河川敷で
テント張りなどの会場設営開始

8月15日好天ながら暑い天気の中、流し燈篭会は盛況のうちに
終わりました。

SNKとしては10年ほど前からボランティア応援していますが、今年も
15日の本番には24-5名の皆さんが参加され燈篭組み立てなど
の作業をがんばりました。


翌日16日早朝には川岸に流れ着いた燈篭を岸からと船での
回収作業にも10名ほどの皆さんが参加しがんばりました。

その一部始終の写真です。

今年は天気にも恵まれ
推定ですが7000−8000人ほどの
来場があり盛況でした。
ただ、駐車場の待ち時間が長く
ご迷惑をかけた人も多かったと
思われますが、事故もなく無事終了
できたことを喜んでいます。


ボランティア応援いただいたみなさん
ありがとうございました。

供物は会場で受け取っているのに
勝手に川に流す人もいます。
これは正に川の汚染原因
の最大のものです。
こういうルール違反は
ぜひやめてほしいです。

船でも回収作業

20時川面一面に
広がって燈篭
幻想的な風景です

まだ明るいのに
燈篭流し開始
最初は風の方向で
燈篭は上流へ流れました

木下の祭壇も
準備完了

17時半ボツボツお客さん
来場

露天商のお店も
準備完了お客さんを
待っています