統一展望台・水原・民俗村探訪

日時:2016年5月13日(金) 晴天

マイクロバスチャーターでホテル8時半出発〜 20:00ホテル着

ルート:統一展望台→昼食(水原カルビ)→水原華城→韓国民俗村→明洞で夕食

 

「朝鮮のガンジー」と呼ばれた独立運動家チョ・マンシクの銅像 の前で


烏頭山統一展望台(オドゥサン)

ソウル市内から車で約1時間、韓国人でも外国人でも
気軽に北朝鮮の風景を見ることができる展望台!

 
 
川幅約2キロ!その先は北朝鮮!

展望台は漢江(ハンガン)と臨津江(イムジン河)の合流点を望む
標高118mの古代の城跡に建てられており、
北朝鮮による宣伝村などを望遠鏡などで一望することができる

 
 
緊張感が漂う 北朝鮮をバックに記念撮影。


統一展望台の入り口


イムジン河の傍には厳重な監視所が点在
国境のイムジン河や燕とぶ

 

水原に行ったら、名物スウォンカルビ(水原カルビ)を食べよう!
その中でも老舗の「ポンスウォンカルビ」に直行!

 
 
緊張感が解けてビールで乾杯!

焼き肉の美味しかった事! 

水原城は李氏朝鮮王朝末期に造られた。華城行宮という王様の別邸を中心に、
全長5.7キロの万里の長城のような城郭と、その要所要所に門、砲台、やぐら、
兵士の休憩所、軍事指揮所、訓練所などを東西南北に整然と組み込んだ
素晴らしい建造物。1997年に世界遺産に指定された。

 

中陽門は正殿の奉寿堂を敵から防御するために設けられた門。
中央・左右の門からなり、1790年に完成した。

 
 

奉寿堂

華城行宮の正殿にあたる奉寿堂は1789年に建てられた。

 

城壁

幽閉した米櫃

水原郊外に位置する「韓国民俗村」は1974年、韓国の民俗文化の資料を収集&保管し、
野外博物館として、また学習の場として、韓国の伝統文化を紹介するためにつくられた
文化野外施設です。

約30万坪の広大な敷地では、朝鮮半島を中心とした民族の生活様式を総合的に見ることが
できるように、李朝後期の伝統家屋約26軒が移転復元されている。それぞれの地方の
さまざまな家財道具なども展示し、衣食住の生活様式などもそのまま再現するなど
歴史的意味のあるスポットとして親しまれている。

 

陶窯実際に轆轤を回して作品を作っていた。

 
 
藁で作っている塀

   

撮影スポットの場面

 
働いている人も民族衣装で
勤めを終えればスマホで情報収集

 
 

儒教の教えに基づいて男女が別々に生活していた当時の生活様式も垣間見られた。

 

水原の語源にもなったような?美しい川

 
拷問で使った斬首の道具
白状するまで叩くぞ〜

 
   
次は又裂きの刑だ〜
六角堂

 

民俗村の正面 日が暮れて家路に急ぐ家族


ホテル到着後は徒歩で、チジミを食べに明洞へ

 

本日の研修は、胸にずっしりとくる緊張感あり、美味しいカルビあり、
韓国の民族の歴史ありが満載でした。18000歩

前へ  次へ