語る会 ソウル 研修旅行

           日時:2016年5月12日(木)〜15日(日)

参加者: 9名
期間: 2016年5月12日(木)〜15日(日) 4日間
集合: 午前6時40分 西鉄久留米高速バス乗り場、
     6時50分国際空港行きバス乗車  
出発: 10:30分  JAL/大韓航空シエアKE788便   
到着: 11:55分 ソウル仁川空港着 地下鉄でホテルへ移動 
     ホテル:ホテルレックス (ソウル特別市中区会賢洞1街65
                       (Tel 02-752-3191)
帰国:5月15日(日)19時55分福岡空港着

研修&観光ルート
12日:南山タワー、南大門、明洞で夕食

13日:午前8時半マイクロバススチャーターで出発
    統一展望台→水原昼食→水原華城国→韓国民俗村→ホテル帰着

14日:国立古宮博物館→景福宮→北村→ホテル帰着→灯篭ライトアップ

15日:ソウル駅近辺ロッテマートで買い物→A'REX(エーレックス)で空港へ
    18:35分 JAL/大韓航空シエアKE781便
    19:55分 福岡空港着 高速バスで久留米着 解散
 

福岡国際空港で出発式

 
ソウル仁川空港着


ホテル近くの高層ビル

ホテルREXは地下鉄のすぐ近く
   

ホテルの近くの店で昼食

坂道を登って南山タワーに

南山(ナムサン)の頂上にそびえ立つソウルのランドマーク「Nソウルタワー」。
1969年にテレビやラジオを首都圏に送信する韓国初の電波塔として誕生し、
現在も全国の約50%の世帯がソウルタワーの電波搭を通して視聴している。

1980年に「南山ソウルタワー」として一般公開されてからは、観光だけではなく
地元の人気の定番スポットになった。2005年に「先端と自然の調和」という
コンセプトのもと、「Nソウルタワー」として生まれ変わった。


Nソウルタワーの名物「愛の南京錠」の前で記念撮影


「Nソウルタワー」の高さは236mで、
243mの南山の上に位置するため海抜479mとなり、
展望台から一望できるソウルの景色は圧巻!


晴れた日は、仁川(インチョン)方面の西海(ソヘ、黄海)や
北朝鮮・開城(ケソン)の松岳山(ソンアッサン)まで望めることもある。


韓国は地震が少ないためか高層ビルが集まっている。


一般に南大門の通称で知られる崇礼門(すうれいもん)。
2008年2月の放火によって石造の城門を除いた大部分が焼失した。


お店は韓国式デスプレイ


美味しい韓国料理の前に乾杯!


12日の鬼の研修第一日はこれにて終了、12,500歩でまだ軽かった!

 
Topへ  次へ