山陰研修旅行・青海島

    日時:2014年9月5日(金)〜6日(土)


9月6日(土)日:ホテル8時分→風穴→明神池まで散歩がてら徒歩で行く
   ホテルのバスで東萩駅9:07分→長門市駅9:44分着タクシーに分乗
仙崎へ行く、10:40分 観光船で青海島を巡る 12:00に終了
昼食と金子みすゞ,記念館を見学後 タクシーで長門市駅へ

長門市駅14:01分→厚狭駅乗り換え下関15:44分→門司駅乗り換え
門司16:27分→久留米18:19分乗り換えも間違わず無事到着・解散
     

 
 
ホテルの前で全員集合写真


朝食の時間

お魚が豊富な朝食
   

ホテルの標識

高台のホテルから歩いて麓へ

明神池に雨がポツリポツリと


撮影ポイントで


松陰の詩は到る所に

   
「かぜあな」と読む 
あちらこちらに風穴が

 
   
厳島神社が祀られていた
東萩駅に到着


山陰の風景は赤い屋根と豊かな実りの稲が


仙崎のお土産物屋さん

青海島巡りの船着き場

シータス号に乗って島巡り


仙崎より架かる青海大橋


左端上には花津浦観音様が

 
 

東山魁夷画伯は、昭和43年に皇居宮殿・長和殿に壁画『朝明けの潮』を制作した。
長門市青海島の瀬叢(せむら)がモチーフとされている。  コーモリ洞

 

島見門

 
 
 
兎と蛇の模様がくっきりと

 
青海島は周囲40kmで北長門海岸国定公園の中心部にある。
大自然がかもす芸術的光景は、まさに海上アルプスの名の通り。


男性観音

石門
   

大門

 
生憎の雨が降って来た
   
岩には様々な模様が刻まれて 
仏岩

 

遠方に浮かぶ幻想的な仙崎港の風景

昼食は魚ずくし 
金子みすゞ,記念館へ

 
 

金子みすゞの石碑

 
   

金子みすゞの,記念雑誌  

金子みすゞの詩 
 
金子みすゞの墓所 
久留米駅に到着解散
楽しい研修旅行でした  

Backへ 次へ