鶴の観察と出水武家屋敷群散策

     日時:2017年3月5日(日)

研修地:「鶴の観察と出水武家屋敷群散策」  
参加人員:語ろう会の9名。

3月5日(日): 午前7時15分JR久留米駅集合

     ルート:行き JR久留米7:31――>熊本――>出水11:14

移動手段は鶴丸会館のマイクロバスで出水駅→鶴丸会館島津亭で昼食→
 出水市ツル観察センターへ 観察後→武家屋敷散策→出水駅着16:00→

帰り 出水16:24―>八代―>荒尾―>久留米20:2―>解散

.仕様切符:<旅名人>九州満喫切符 3回分:10,800円(3600円/人)
       九州管内JR及び私鉄一日乗り放題切符代・
昼食・現地交通費は個人負担。


乗り継ぎの熊本駅で全員集合写真

 

JR久留米駅で出発前の写真

 
 
オレンジ鉄道のカラフル列車

葦北鉄砲隊のラッピング 
 
 
鶴丸会館 島津亭での豪華昼食に乾杯

 

「親子ステーキ膳」

「しび定食膳」

日本一の大鈴の前で記念写真

 
 

出水ツルの観測所 これだけ多くのツルを観測できるのは 世界でもここだけ

毎年10月中旬〜3月頃にかけて出水平野の水田地帯には越冬のため1万羽を超える
ツルたちが渡来し、シーズン中、ツルの羽数調査が行われます。

シーズン中の羽数調査で記録した一番大きな数値がそのシーズンの最高羽数となります



出水ツル観測所

目の周りが赤いのがマナヅル
   
ツル測所では職員が説明してくれる

 3月5日現在で約7割がまだ残っていた


出水ツル観測所前で記念写真

 
 
出水市の麓町を中心とした住宅地一帯は、
平成7年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。

出水麓は、出水郷に赴任する薩摩藩士の住宅兼陣地として、
中世山城である出水城の麓の丘陵地帯を整地して作られた場所。
その整地には、関ケ原の戦いの前年(1599年)、本田正親が初代地頭に着任してから、
3代地頭の山田昌巖の治世下まで、約30年かかった。
出水麓は、薩摩藩内で最も規模が大きく、藩内のほかの麓は、出水に倣ったといわれている。


竹添邸の全景


竹添邸でもお雛様が飾られていた。

 

税所邸の問構え


秋には見事なモミジの紅葉が見られる。

 
諏訪神社

文治三年初代島津忠久公は三州の守護職に任ぜられ、山門院に下着し木牟礼城に在城の折、
前任地信州諏訪の上下の大明神を勧請し、領国の守護神として城内に祭ったといわれる。


竹添邸のヤマモモの立派な大木が歴史を感じる。

 

宮路邸玄関先の蘇鉄の大木
 
 

NHK大河ドラマ 篤姫ロケ地の表示が


武家屋敷を散策

 

立派な生け垣と整備が行き届いた真っ直ぐな道路


 御仮屋跡

 

苔むした屋根に古の趣が


さりげなく見て回る所も

 

内容の詰まった研修が終わって出水駅から帰路に

 

オレンジ鉄道のカラフルな列車!


無事研修を終えて、解散式

参加者の感想

楽しくて有意義な春の研修会「鶴の観察と出水武家屋敷群散策」
平岡さんの下見と丹念な無駄のないスケジュール、
クルミちゃんの昼食その他諸々の行き届いたお世話。

一日であんなに遠くまで行けるとはちょっと予想外でした。
それなのに、しっかりと研修が出来ました。 

平岡さんの細やかなお世話ありがとうございました。
 各駅停車であんな遠くまで、でも、あっという間に感じられました。
 鶴に感動し、武家屋敷群散策を楽しみ、そして、美味しい食事に、
 有意義な研修の一日でした。  本当に有り難うございました。

前へ トップへ